曹渓宗訪朝 (韓国日報 2011年9月)

9月 23, 2011

「大蔵経を造成して、国難を克服したように、統一のため力を合わせなければ」

曹渓宗訪朝「大蔵経板刻一千年記念合同告佛法会」を奉行

金正日国防委員長に、「海印寺本木版金剛経」贈る

韓国日報 グォンデイク記者

続きを読む »

広告

世界30ヶ国指導者300人、人類共存を設計する (韓国 月間朝鮮 2011年10月)

9月 15, 2011

世界30ヶ国指導者300人、人類共存を設計する

ウランバートルの中心地の国立宮殿とスフバータル広場

海外取材‘ジンギスカンの地’モンゴルに吹いてくる世界平和の風

◎スフバータル広場で‘グローバル ピース フェスティバル モンゴル2011’が開かれた

◎ “モンゴルは資源富国であるだけでなく東北アジア平和に対し主導的な役割を果たすべし”

◎7ヶ国国会議員、“2012年平壌(ピョンヤン)で平和フォーラム開催”ウランバートル宣言文採択

權世珍 月刊朝鮮 記者

続きを読む »

南北関係政府・民間ツートラック戦略必要 (韓国経済新聞 2011年09月05日)

9月 5, 2011

南北関係政府・民間ツートラック戦略必要

[韓国経済新聞] 2011年09月05日(月)

文顕進GPF財団理事長
「南北関係改善のためには政府次元の協力と共に民間部門が主導するツートラック(two track)戦略が必要です。」

文顕進GPF財団理事長兼UCIグループ会長(43 ・写真)は最近モンゴル首都ウランバートルで財団主催で開かれた国際セミナー直後記者と会って南北関係に対してこのように強調した。ムン・ソンミョン統一教総裁の3男のムン理事長は2007年非営利国際民間機構GPF(Global Peace Festival Foundation)財団を設立した。財団は毎年全世界各国を回って政治・経済・社会的問題に対する多様な解決法を模索するコンファレンスを開いている。今年はモンゴル、ウランバートルで「モンゴルと東北アジアの平和」という主題で先月26~27日二日間開かれた。 続きを読む »

GPF財団 モンゴルで平和フォーラム(韓国経済新聞 2011年8月27日)

8月 27, 2011

「モンゴル 天然資源の開発に隣接国家が積極投資してほしい」

GPF財団 モンゴルで平和フォーラム

GPF財団は26日、 モンゴルの首都 ウルランバトルで‘モンゴルと東北アジアの平和’という主題で‘グローバル・ピース・リーダース・コンファレンス(GPLC)’を開いた。 続きを読む »

モンゴルで三日間「世界平和祝祭」 (韓国 中央日報 2011年8月31日)

8月 23, 2011

モンゴルで三日間「世界平和祝祭」を導いた文顕進議長

[中央日報] http://joongang.joinsmsn.com/article/161/6091161.html

GPF財団.モンゴル政府共同主催

「民間次元の平和運動を通じて政府間平和・協力を導く新しいモデルになるでしょう。」 続きを読む »

統一教「王子の乱」文国進(四男) 対 文顯進(三男) (韓国 新東亜2011年6月):3の1

6月 30, 2011

新東亜 2011年6月号(日本語訳)

統一教「王子の乱」

ニ主役電撃インタビュー

統一グループ会長文国進(四男) UCI長文顯進(三男)

続きを読む »

統一教「王子の乱」 文国進(四男) 対 文顯進(三男)(韓国 新東亜2011年6月):3の2 文国進氏インタビュー

6月 30, 2011

続きを読む »

統一教「王子の乱」 文国進(四男) 対 文顯進(三男)(韓国 新東亜2011年6月):3の3 文顯進氏インタビュー

6月 30, 2011

続きを読む »

南北対話の扉を開くGPCソウル行事に支援を(韓国 時事ジャーナル2011年6月)

6月 1, 2011

統一教会文鮮明総裁の三男文顯進UCI会長インタビュー

[1128号] 2011年06月01日(水) イチョルヒョン記者整理│イギュデインターン記者

統一教文鮮明総裁の三男である文顯進UCI(国際統一教会財団)会長(43)が『統一教王子の乱』論議でにぎわう中で訪韓した。文会長は、家族4男5女とともにアメリカのシアトルに住んでいる。訪韓の目的は、自分が創設した『サービスフォーピース(SFP)』という国際的な奉仕団体の創立10周年記念行事に出席するためだ。文会長は、世界中を回りながら、『神の下の一家族』という超宗教主義に基づく平和運動を繰り広げている。彼が先に立たせたのは、非営利組織(NGO)である。文会長は、グローバルピースフェスティバル財団(GPFF)やSFPなどの平和運動団体を相次いで設立した。 GPFFは、過去2年の間、パラグアイ、ネパール、ケニアを回りながら、各国政府の後援の下で超宗教団体と手を取り合って、グローバルピースフェスティバル(GPF)を開いている。 GPFの行事には、世界最大のイスラム団体NUとブラジルの宗教指導者マヌエル・フェレイラ・ビショップが出席した。 8月にモンゴルで開かれるGPFの行事には、韓国と北朝鮮をはじめ、6カ国協議参加国の政治、宗教、経済社会の指導者が大挙参加して、南北朝鮮の平和の定着方策について検討する。 続きを読む »

子供たちよ、刀を置いて夢をつかめ(韓国月間中央 2011年1月)

1月 31, 2011

海外ルポ 2008 ケニア暴動の震源地 ‘リフト·バレーを行く’

 子供たちよ、刀を置いて夢をつかめ

‘アフリカン·ドリーム’を植えるコリアン

続きを読む »