Archive for the ‘インタビュー’ Category

統一教「王子の乱」文国進(四男) 対 文顯進(三男) (韓国 新東亜2011年6月):3の1

6月 30, 2011

新東亜 2011年6月号(日本語訳)

統一教「王子の乱」

ニ主役電撃インタビュー

統一グループ会長文国進(四男) UCI長文顯進(三男)

(more…)

統一教「王子の乱」 文国進(四男) 対 文顯進(三男)(韓国 新東亜2011年6月):3の2 文国進氏インタビュー

6月 30, 2011

(more…)

統一教「王子の乱」 文国進(四男) 対 文顯進(三男)(韓国 新東亜2011年6月):3の3 文顯進氏インタビュー

6月 30, 2011

(more…)

南北対話の扉を開くGPCソウル行事に支援を(韓国 時事ジャーナル2011年6月)

6月 1, 2011

統一教会文鮮明総裁の三男文顯進UCI会長インタビュー

[1128号] 2011年06月01日(水) イチョルヒョン記者整理│イギュデインターン記者

統一教文鮮明総裁の三男である文顯進UCI(国際統一教会財団)会長(43)が『統一教王子の乱』論議でにぎわう中で訪韓した。文会長は、家族4男5女とともにアメリカのシアトルに住んでいる。訪韓の目的は、自分が創設した『サービスフォーピース(SFP)』という国際的な奉仕団体の創立10周年記念行事に出席するためだ。文会長は、世界中を回りながら、『神の下の一家族』という超宗教主義に基づく平和運動を繰り広げている。彼が先に立たせたのは、非営利組織(NGO)である。文会長は、グローバルピースフェスティバル財団(GPFF)やSFPなどの平和運動団体を相次いで設立した。 GPFFは、過去2年の間、パラグアイ、ネパール、ケニアを回りながら、各国政府の後援の下で超宗教団体と手を取り合って、グローバルピースフェスティバル(GPF)を開いている。 GPFの行事には、世界最大のイスラム団体NUとブラジルの宗教指導者マヌエル・フェレイラ・ビショップが出席した。 8月にモンゴルで開かれるGPFの行事には、韓国と北朝鮮をはじめ、6カ国協議参加国の政治、宗教、経済社会の指導者が大挙参加して、南北朝鮮の平和の定着方策について検討する。 (more…)

ネパール アヴェニューTV局におけるインタビュー番組

10月 22, 2010

** ビデオはこちらへ(英語):http://vimeo.com/16337667

司会者:まず最初の質問ですが、博士はいつでもエネルギーに溢れておられますね。スピーチをなさっている時も、人と話しておられる時も。このエネルギーの秘密は何でしょうか? (more…)

文顯進UCIグループ会長への初インタビュー(韓国 月間中央2010年8月)

8月 15, 2010

アメリカシアトルで三日間、単独取材…彼が明かした追憶、生活、夢

“統一教は財閥ではない。後継ぎ構図云々は無意味なドラマに過ぎない”

子供のころ、アラスカに釣りに行き、海に落ちた。

釣糸を引っ張って、やっと上がったが、父はずっと釣りを…

日本の支援金が切れて1年間、ワシントン・タイムズが不当な負担を抱えて

世界の主流宗教の普遍的価値は90%同じだ。

統一教の枠を超えたグローバルな活動を展開する

韓国に来れば、’田舎飯床’という食堂の常連

子供たちは、アメリカでドラマ<人生は美しい><隣の家ウェンス>を見ます。 (more…)